詰め物

詰め物とは?

歯を削った部分を修復するものです

歯を削った部分を修復するものです

詰め物は「インレー」とも呼ばれ、虫歯治療で歯を削った部分に入れて修復するものです。詰め物に使用される材料には色々なものがありますが、保険診療では主に銀などの金属の歯科材料が使用されます。

金属の歯科材料には様々なリスクが

金属の歯科材料は保険適用なので費用が抑えられますが、金属が目立つため審美性が低く、金属イオンが溶け出して金属アレルギーの原因となったり、歯茎の黒ずみを引き起こしたりする場合があります。また汚れが付着しやすく、粘着が剥がれやすいので、虫歯の再発(二次カリエス)のリスクが高いと言えます。

セラミックなら審美性が高くお体に安全です

これに対してセラミックを使った詰め物なら、保険が適用されないため自費診療となりますが、高い審美性が期待でき、金属を一切使用しないので金属アレルギーや歯茎の黒ずみは起こりません。また汚れが付着しにくく適合性が高いので、二次カリエスが予防しやすくなります。

当院の詰め物の種類は?

セラミックインレー

セラミックのみで作製された詰め物です。天然歯に近い白さが出せ、透明感が高いためまわりの歯に馴染ませることが可能です。

メリット
  • 天然歯に近い白さと透明感が再現できる
  • 金属を一切使用しないので、金属アレルギーや歯茎の黒ずみが起こらない
  • 汚れが付着しにくい
  • ほとんど変色しない
  • 適合性が高いので、二次カリエスが予防しやすい
デメリット
  • 金属の歯科材料と比べると耐久性はやや劣る
  • 自費診療なので費用がかかる

06-4793-0333

WEB
予約

お問い
合わせ