コンポジットレジン

  • HOME>
  • コンポジットレジン

コンポジットレジンとは?

歯を削る範囲を最小限に抑えることが可能な方法です

コンポジットレジンとはとはセラミックと合成樹脂と合わせた材料で、虫歯部分を削った後、これを充填させることで機能性や審美性の回復をはかります。コンポジットレジンの大きな特徴として、「歯を削る範囲を最小限に抑えることが可能」ということが挙げられます。また自然な歯の色が再現できたり、再治療が比較的容易だったりするなどの特徴もあります。

大切な天然歯をできるだけ保持させるために

大切な天然歯をできるだけ保持させるために

大阪市中央区・堺筋本町にあるやすみつ歯科クリニックでは、大切な天然歯をできるだけ保持させるために、「MI(Minimal Intervention:最小限の侵襲)治療」にもとづいて、健康な歯を削る量が少なくて済む「コンポジットレジン」をご提供しています。歯を削った時の選択肢には詰め物(インレー)がありますが、それよりも切削量が抑えられ、さらに同等の耐久性を得ることが可能ですので、「詰め物以外のもう1つの選択肢」としてご検討いただければと思います。

コンポジットレジンの特徴は?

歯を削る量が抑えられる

コンポジットレジンでは歯型取りを行わずに、歯を削った部分に直接注入して埋めていきます。そのため歯を削るのは虫歯部分だけに抑えられ、健康な歯への切削を最小限に抑えることが可能です。その結果、大切な天然歯の寿命を延ばすことに繋がります。

歯に近い自然な色が再現できる

金属の歯科材料と異なり、コンポジットレジンは歯に近い自然な色を再現することが可能です。また色の種類が多いので、色を調節してまわりの歯に馴染ませることもできます。

再治療が比較的容易

詰め物・被せ物の場合、再治療となるとそれらを一度外して作り直さなければいけませんが、コンポジットレジンの場合、一部が欠けた場合でも外さずに修復することが可能です。

高性能の接着材料を使用

コンポジットレジンで使用する接着材は、他の接着材より圧倒的に厚みが薄いです。
「接着材の厚み」=「歯と詰め物の隙間となる」可能性があるところと考えていただくと、いかに良い治療かわかっていただけるかと思います。

インレーとの違い

コンタクト(歯と隣の歯の接触点)の虫歯の場合、時として虫歯の部分の倍以上の歯を削る必要があります。また、その削る量が不足するとインレーが薄くなり外れやすくなってしまいます。そうすると2次カリエスになりやすく、再治療が必要となってしまいます。そうなることを防ぐために、当院では削る量がすくないコンポジットレジンを使用しております。

06-4793-0333

WEB
予約

お問い
合わせ